2017 02 / 01 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
中国人民銀行が予想外に早く預金準備率を再引き上げ、引き締めペースを加速
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1108843&media_id=52
中国人民銀行が予想外に早く預金準備率を再引き上げ、引き締めペースを加速
(ロイター - 02月12日 21:35)

日記を読む(0)日記を書く


 2月12日、中国人民銀行(中央銀行)は預金準備率を25日付で0.5%ポイント引き上げると発表。引き上げは今年に入り2度目。写真は2月4日、四川省遂寧で(2010年 ロイター)
 [北京 12日 ロイター] 中国人民銀行(中央銀行)は12日、預金準備率を0.5%ポイント引き上げると発表した。実施は25日付で、預金準備率の引き上げは今年になって2度目。



 人民銀行は先月預金準備率を引き上げたばかりで、旧正月入りを直前に控えたこの時期に、これほど早く追加的な引き上げが実施されると予想していた関係者はほとんどいなかった。



 前日発表された1月のインフレ率が予想外に低い数字となったことも、この日の預金準備率引き上げに対する意外感を高める形となった。



 もっとも、銀行融資の急増やインフレ圧力の高まりを背景に、預金準備率はいずれ引き上げられると予想されていた。



 市場では、今回の引き上げを受け、金融引き締めが予想以上に急速なペースで実施され、経済成長が損なわれる恐れがあるとの見方も出ている。



 予想外の預金準備率引き上げを受け、リスク資産への投資を回避しようとする動きが高まり、ドルは通貨バスケットに対して0.7%上昇。株式市場が下げる一方、欧米の債券相場は急伸している。



 サウスウエスト証券のエコノミスト、Xie Xuecheng氏は「人民銀行は国内銀行に対し、適正な融資を求める明確なメッセージを送っている。インフレ動向も注視している」と述べた。



 今回の預金準備率引き上げにより、大手銀行の預金準備率は16.5%となり、融資余力が一段と制約されることになる。



 バンク・オブ・チャイナのアナリスト、Shi Lei氏は「インフレの恐れはさほどでもないが、人民銀行は過剰流動性を吸収する大きな必要性に迫られている。しかし、今回の引き上げでも流動性を引き締めすぎることにはならず、今後さらに準備率の引き上げが実施されそうだ」との見方を示した。

_________________________
日経ではこんな記事
預金準備率、中国が再引き上げ 不動産高騰・カネ余り抑制
 【北京=高橋哲史】中国人民銀行(中央銀行)は12日、市中銀行から強制的に預かる資金の比率を示す預金準備率を25日から0.5%引き上げると発表した。同準備率の引き上げは2カ月連続。景気への配慮から利上げに動きにくい中、銀行融資の急増によるカネ余りで不動産価格が高騰している。準備率の引き上げで市場にあふれた資金の回収を急ぎ、バブル回避へ調整を進める狙いだ。

 引き上げ後の預金準備率は大手金融機関で原則16.5%になる。預金準備率が上がれば銀行は手元資金を厚くする必要に迫られるため、引き上げは融資の増加ペースを抑える効果がある。

 中国の銀行貸し出しは年明けから急増。1月末の人民元建て融資残高の前月末と比べた増加額は1兆3900億元(約18兆3000億円)に達した。銀行融資の急増はカネ余りを助長しかねないため、人民銀は1月半ば、1年7カ月ぶりに預金準備率の引き上げに踏み切った。(12日 20:48)

___________________________
ひと月で18兆円も増加ってえらいこっちゃ、インフレ間違いなしじゃん。
ちょっと昔の時期の記事だけどこんな話も
http://fxshonan1.cocolog-nifty.com/kawasedangi/2009/04/--77b4.html
中国-銀行貸出の急増を考える:竜河
4月11日の中国人民銀行発表によると、3月のM2が前年同期比25.51%増と、97年以来の高い伸びになり、金融機関の新規貸出も歴史的な記録となる1兆8900億人民元(昨年同期は2.8千億元)に達しました。その結果、今年第1四半期の新規貸出残高は4兆5800億人民元にのぼり、昨年の年間総額に接近しています。



貸出金額がこれほど急増できたのは、各銀行、特に4大銀行がスピード審査を実施しているためであり、申請から実際に貸し出すまでの時間は今までの1/3ほどになったと言われています。



では、このようなおカネの洪水がどこに流れていたのか、各種報道を総合すると、銀行のリスク回避指向もあり、こういった資金は主に地方政府、国営企業、株式市場、そして不動産市場に流入したと見られます。大量な新規資金が流入したことで、年初から4月14日今日まで上海総合株価指数は34.37%も上昇し、全国主要70都市の住宅価格も、前年同期比では、今年3月に6カ月ぶりのプラス転換(+0.2%)となりました。



ただ、おカネが主に公的部門と株・不動産市場に流されたことで、民間企業の資金繰りは緊迫したままであり、不満の声が高まっています。



また、普通の国民からみれば、懸命に働き、倹約な生活をして、やっと貯めたわずかなお金を銀行に預けたのに、マネーサプライが急騰してしまい、それでは、いずれ物価が高騰し、自分の貯めたおカネがおカネではなくなるのではと非常に危惧しています。無論、投資好きな人達からみると、マネーサプライン急増は株式投資の好機であり、そのスピードが落ちてくるまでは株式投資を増やすべきです。



マネーサプライの急増ぶりは政府の関心も引きました。今のところ、政府は国民にむけて、おカネが実体経済に入ったとアピールする一方、実際にどこに入ったのかと厳しくチェックしています。報道によると、この間、上海証券取引所と深圳証券取引所が共同で通達を出し、上場会社に銀行への預金と銀行からの借り入れ状況を報告するように求めています。



このように、中国では銀行貸出の急増が大きな話題になっているが、一方、銀行預金もかつてないスピードで増えています。事実、3月の新規貸出が1兆8900億人民元となったが、預金も2兆4500億人民元増えました。言い換えれば、今までの景気回復が政府の支出増に誘導されたもので、民間主導の消費増加とはまだほど遠い。



今後、中国にとって、1つの危惧は、政府が主導し、スピード審査による記録的な銀行貸し出し増の結果、数年後、中国版サブプライム問題が起こり、金融システムがメルトダウンすることです。

____________________________
まさにその通りでは。
儲かっているのも恩恵にあずかっている一部の人だけで肝心の指示してもらうべき労働者や農民層の相対的な財産が猛スピードで目減りしてしまう。
政府はこんなこといってるようだが
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=a5cDrw81JZf8
日本(国内)ニュース

海外ニュース

アメリカ/中南米
ヨーロッパ
アジア
マーケットニュース

株式
外国為替
債券
商品
エネルギー
経済指標

政治ニュース

コラム/特集


中国:元上昇より賃上げ選択も、貿易黒字縮小目指し-クレディS
記事をメールで送信
記事を印刷する 記事写真映像
ブックマーク:
はてな
livedoor
Yahoo!
Newsing it!
Buzzurl 2月10日(ブルームバーグ):海外から貿易黒字の削減圧力を受けている中国は、人民元上昇を容認するよりも労働者の賃金引き上げを通じて、黒字縮小を目指す可能性がある。クレディ・スイス・グループがそうした見通しを示した。

クレディ・スイスは、人件費が増えれば、中国の輸出競争力を押し下げる一方で、国内の購買力拡大と経済成長維持につながるとみている。中国政府は、信用危機をもたらした貿易・投資の不均衡を解消するため、過去1年7カ月間にわたる人民元とドルとの連動を打ち切るよう米欧当局者から圧力をかけられている。

同社で15年余りにわたり中国・アジア経済を担当してきたエコノミストの陶冬氏(香港在勤)は9日のインタビューで、「賃金引き上げは広く国内労働者の利益になり、より良い選択肢だ」と指摘。「通貨切り上げは、中国の輸出業者がマレーシアやメキシコなどの競争相手に対して劣勢を強いられる結果を招くだけだ」と述べた。

陶氏によれば、この戦略により今年の元上昇率は3%にとどまる見込みだ。中国東部の江蘇省で今月、最低賃金が13%引き上げられたことは、賃上げが中国経済のリバランス(構造調整)に向けた当局者の取り組みで重要な役割を果たすことを示唆しているという。

同氏はまた、中国の当局者は圧力に屈したと見られることを避ける意向で、米欧諸国による圧力は元上昇の時期を遅くするだけだと指摘。「政府は世界経済のリバランスへの貢献を目指す際に、米国や他の国々からの圧力に抵抗を続け、自国経済が恩恵を享受する方法を模索するだろう」と予想。「賃上げは、内需拡大と輸出依存からの脱却を狙う政策担当者の目的にかなうだろう」と説明した。

更新日時: 2010/02/10 13:02 JST
____________________________
実際にこんな話も
http://ch.livedoor.biz/archives/50955786.html
またまた上海の最低給与が上昇ー中国の給与事情
2拍手
この間 上がったばかリだと思っていた上海の最低給与

最近の物価上昇の影響で、上海市政府は、再度 最低給与を4月1日から引き上げることになった...



現在の上海市内の最低月給与は840元

これを4月1日から960元に引き上げることを上海市労働和社会保障局が発表した。
上がり幅は14%程度

また、時間給の最低給与も現状の時給7.5元から 8元へ引き上げへ

これでここ数年毎年のように最低賃金が上昇している。

___________________________
さらにこんな記事も
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0204&f=business_0204_110.shtml
中国政府:本当の数字、いまだ公開せず…失業率問題で
【経済ニュース】 【この記事に対するコメント】 Y! V 2010/02/04(木) 13:13

  山東省のインターネット・メディア「大衆網」によると、中国政府は重要な経済指標としている失業率で、調査にもとづく正確な数字を掌握しているにもかかわらず、いまだに公開していない。政府関係者が認めた。

  中国では、国内総生産(GDP)、物価、就業・失業率、国際収支を、経済政策決定での「四大コントロール目標」と呼び、重視している。しかし失業率として通常発表されるのは「登録失業者数」にもとづく数字で、実態と差異があることは「公然の秘密」だ。

  原因は、失業していても、政府機関に登録しない人が大量に存在するため。2008年末時点の都市部登録失業率は前年同期比0.2ポイント上昇の4.2%と発表されたが、政府系シンクタンクの社会科学院の調査では9.4%だったという。国際的に警戒ラインとされる7%を上回る数字だ。

  中国では2011年が、第12期5カ年計画(五カ年規画)の開始年だ。中央政府に所属する国家統計局の関係者と人力資源と社会保障部の関係者によると、政府はすでに数年をかけ全国都市部での失業率調査を行っている。「社会科学院の調査よりサンプル数が多く、全国の数字を掌握している。ただし、公表はしていない」という。

  政府による失業率調査実施の関係者は、「実際の失業率は、公開されている登録失業率よりも1-2ポイント高い程度で、一般に思われているほど、大きな差はない」と主張した上で、「ただし、実情をより正確に反映している失業率の方が、経済のバロメーターとして有効なのだが」と、現在の方法に問題があることを認めた。

  国家統計局の馬建堂局長は1月28日に開かれた全国統計工作会議で、「2010年には全国31カ所の重点都市で、労働力関連の調査を行い、月ごとの労働力需給関係を把握する基礎を作った。第12期5カ年計画の時期中に、正式な失業率調査のメカニズムを作るためだ」と説明した。(編集担当:如月隼人)

___________________________
10%も賃金上げたっていまの月18兆円のレベルで貨幣が増殖してるんじゃ焼け石に水だな。
金利をあげれば外資の金を呼ぶことにはなるだろうし、準備率上げたって銀行は金利の安いアメリカから簡単に調達もできるだろうから意味ないんじゃ。。。
もう元を意図的にコントロールすることに中国はメリットがないというか自分の政権の首を絞めてるだけじゃないかと思えてならないんだが。

<<前の日記へ ごんちゃんさんの日記一覧へ 次の日記へ>>
コメントコメントを書く
ごんちゃん 2010年02月14日 10:52 ほか関連
http://www.afpbb.com/article/economy/2692660/5296399
中国、ドイツ抜いて世界一の輸出国に
2010年02月09日 22:43 発信地:フランクフルト/ドイツ

クリッピングする拡大写真を見る写真をブログに利用する中国北東部遼寧(Liaoning)省・営口(Yinkou)の港(2009年3月11日撮影、資料写真)。(c)AFP/CHINA XTRA
関連写真1/1ページ全1枚





スライドショーを見る【2月9日 AFP】ドイツ連邦統計庁が9日発表した統計によると、中国がドイツを抜いて世界一の輸出国になった。

 ドイツ連邦統計庁の2009年貿易統計(速報値)によると、同国の輸出額は1950年以降最大の下落率となる前年比18.4%減の8032億ユーロ(1兆1213億ドル、約99兆円)、輸入額は前年比17.2%減の6671億ユーロ(約82兆円)となった。

 また、同庁は声明で、「中国商務省によれば、2009年の中国の輸出額は1兆2017億ドル
スポンサーサイト
 | 未分類  | Page Top↑

ブログランキング

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

忍者

RSSリンクの表示

相互リンク

QRコード