2017 03 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
 来週(15~19日)の東京株式市場は、今3月期第3四半期累計(09年4~12)の決算発表が今週でほぼ終了し、国内の手掛かり材料難が際立ってくる。

外国為替相場など引き続き海外要因に左右される相場展開となりそうだ。とくに、さらなる
ユーロ安による円高が進むようだと株式市場には波乱要因となるので注視する必要がありそうだ。

日経平均株価は1万円を挟んで売り買い交錯となり、週初は比較的小幅な範囲での値動きとなりそうだが、欧州での財政危機問題への具体策の内容次第では、その後は週末にかけて波乱含みで上下に荒れる相場展開も想定されます。

9750円~1万250円のレンジを想定します。

 日経平均株価は、第3四半期累計決算発表が始まる直前の1月15日に昨年来高値
1万982円を付けたものの、そこから調整基調となり、8日には1万円台を割り込んだ。

本来なら、第3四半期(09年10~12月)の業績回復ぶりや、通期業績予想の上方修正、さらに来期の利益増益期待などが株価面でプラス評価されてもよい局面だったが、実際は逆に下落基調となった。

これは(1)米オバマ大統領が打ち出した金融規制強化策(2)ギリシャなど欧州での財政危機(3)中国の金融引き締め策――の三つの外部的なマイナス要因を株価が織り込まざるを得なかったためだ。

 こうした中、来週は一斉に発表された決算の内容を再度吟味して、物色テーマと照合しながら銘柄を絞り込む作業が必要となりそうだ。

ソニー <6758> に代表される高値圏で頑強な値動きを示す銘柄群の活躍に加え、株価が大きく下落していた、大手鉄鋼やその関連銘柄、建設機械、海運などのリバウンドも期待できそうだ。

 日程面では、09年10~12月GDP(国内総生産)=15日。米鉱工業生産および設備稼働率=17日。日銀金融政策決定会合=17~18日。1月日本製半導体製造装置BBレシオ=18日などが注目される。

提供:モーニングスター社より一部抜粋

スポンサーサイト
 | 未分類  | Page Top↑

ブログランキング

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

忍者

RSSリンクの表示

相互リンク

QRコード