2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
事例でわかるあなたの株の税金―新証券税制はこう乗り切れ

事例でわかるあなたの株の税金―新証券税制はこう乗り切れ
定価: ¥ 1,260
販売価格:
人気ランキング: 691980位
おすすめ度:
発売日: 2002-09
発売元: 日本経済新聞社
発送可能時期:

複雑極まりない新証券税制について、Q&A、事例研究など、さまざまな手段を駆使して解説した1冊。2002年9月現在では、まだ類書がほとんど存在しないため、投資家にとっては貴重な情報ソースとなっている。 新証券税制というと、「源泉分離方式がなくなるだけでしょう?」とたかをくくっている投資家もいるかもしれないが、実際にはそんなに甘いものではない。特定口座と一般口座のどちらが有利か、取得価格の計算はどうすればいいのか、見なし取得価格とは何か、など、実にさまざまな要素が複雑に絡み合っている。 正直、あまりの複雑さに、これを機に株式投資をやめてしまう投資家も出てくるのではないか、と思えるほどだが、実はこの新証券税制、賢く使いこなせばさまざまな税制上の優遇措置を受けられる。2001年11月30日~2002年末までに購入し、2005年~2007年までの間に売却した株式に関して、購入額1000万円までの譲渡益が非課税となる優遇策をはじめ、さまざまな優遇策が用意されている。研究しない手はないだろう。 新証券税制は、2003年以降の売買に限らず、現在保有している株式にも関係してくる重要な税制である。損しないためにも、本書を読んであらゆるケースに対応できるよう、きちんと研究しておきたいものだ。(土井英司)

スポンサーサイト
仕事の現場 | 通貨取引  | Page Top↑

ブログランキング

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

忍者

RSSリンクの表示

相互リンク

QRコード