2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
なぜ株式投資はもうからないのか [ソフトバンク新書]
保田 隆明
なぜ株式投資はもうからないのか [ソフトバンク新書]
定価: ¥ 735
販売価格: ¥ 735
人気ランキング: 174085位
おすすめ度:
発売日: 2007-03-16
発売元: ソフトバンク クリエイティブ
発送可能時期: 在庫あり。

一般投資家にとってはとても辛口でためになる本
 株式市場の将来性を評価しつつも、機関投資家との情報量の差で一般投資家はどうしても負けてしまうのだ、と事例を挙げながらわかりやすく説明してしている。

 「ごもっとも!!!」、理屈ではわかっていても、株式市場に大きな夢を見てしまうのが、浅はかな一般投資家心理か。
 ただ残念なのは、解決策の部分が甘いと思う。ITを駆使して壮大な一般投資家連合を作る話は、いくらなんでも夢物語に思える。
 


儲からない理由
株式投資で儲からない理由が本書でよくわかりました。
あたりまえのことをあたりまえに書いてあるのですが、
ズキズキと胸にささりました。


これはダメでしょう。
結局、あとがきの数ページを読めばそれで内容が全部わかってしまう。中身の乏しい本。
本のタイトルを「なぜ○△□・・・なのか」という、某ベストセラーの受け売りにしていることからも想像できるように、
ただ単に手っ取り早く興味を引いて売れればいい、といったやっつけ仕事。著者の経験に裏打ちされた実践データや根拠があるわけでもなく、
これまでいろんなところで述べられ、誰もが知っているような常識話を、さも自分の考えであるかのようにダラダラと書き付けているだけ。
なにがいいたいのか、なぜにこの本を出したのか、意味がわからない。
ちょうど、3流大学の学生が、Googleで検索した文章をコピーして自分の卒業論文に流用し、
少し書きなおして提出する、あの文化?を思い起こしてしまった。

これから購入を考えている人は、とりあえず書店で「あとがき」のみ読んでみたらどうだろうか。

スポンサーサイト
アトランティカ | 通貨取引  | Page Top↑

ブログランキング

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

忍者

RSSリンクの表示

相互リンク

QRコード