2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
ヘッジファンドのすべて―世界のマネーを動かすノウハウ
ジョセフ・G. ニコラス

定価: ¥ 2,940
販売価格: ¥ 2,940
人気ランキング: 162943位
おすすめ度:
発売日: 2000-05
発売元: 東洋経済新報社
発送可能時期: 在庫あり。

ファンド投資の参考書
金融の専門的な知識があまりない投資家にとっても、ヘッジファンドの戦略を類型化&単純化して丁寧に説明してくれるので、ファンドを使った401kなどの投資に非常に役立つと思います。
感心したのは、この本の中であまり一般になじみのないイベント戦略型の投資スタイルが紹介されているのですが、とくに市場の動向に左右されずに安定したリターンを生むことが出来る「買収合併アービトラージ」を実践するファンドなどは、これから規制緩和や事業の効率化を目的としたM&Aが増加してゆくことが予想される日本で、自身のポートフォリオに組み込むにはいいかも知れません。
言葉だけ先歩きしたヘッジファンドの実像の理解に役立つだけでなく、ファンドを組み込んだポートフォリオの制作、さらにはファンド・オブ・ファンドの投資にも参考になる本だと思います。

ソロスやLTCMだけではない
本書はヘッジファンドの代表的な11の戦略を丁寧に紹介し,それぞれ
についてシンプルな取引例を示しているので,具体的なイメージがつ
かめる.さらに投資家がファンド選択をする場合の留意点にも触れて
おり,ヘッジファンドに関心のある人の優れた基本書である.

ヘッジファンドの戦略的意味は,相場の下げ局面にも損失を最小限に食
い止めることが基本である.ソロスやLTCMのような劇的なリターンで市場
を騒がせるだけがヘッジファンドの姿ではないことがわかる.

入門書として最適
ヘッジファンドという言葉はよく聞くが、実際どのような手法で投資を行っているかよくわからなかった。それを解決してくれたのがこの本だ。様々な投資方法に関して簡単な言葉で解説してくれており非常に馴染みやすく、入門書として最適だと思う。最近、外資系投資家が日本で不良債権投資を行っているが、不良債権投資もヘッジファンドの投資手法の一つである。

スポンサーサイト
キレイなお姉さんに! | FX無料手法  | Page Top↑

ブログランキング

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

忍者

RSSリンクの表示

相互リンク

QRコード