2017 04 / 03 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)
吉本 佳生
金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)
定価: ¥ 1,260
販売価格: ¥ 1,260
人気ランキング: 5194位
おすすめ度:
発売日: 2005-05-17
発売元: 光文社
発送可能時期: 在庫あり。

ボッタクリの現実
広告費をかけるビジネスは、
高粗利が必要なビジネスです。
販売量が増えても原価の低減ができない
金融の怖さを教えられました。

これからのお金の使い方
就職してから、漠然と貯金し続けてきました。ですが毎年定期預金を見ると金利なんてあって
なくが如し。就職した時は丁度氷河期で金利なんかクソみたいなもの。そして未だにクソみた
いなものです。
ある時、銀行から電話が掛かってきて「投資信託を始めませんか?とってもお得ですよ!」と
言われ怪しんだのがキッカケで本書を手に取りました。
これからの資産の守り方はますます大変な時代になるでしょう。僕のような一般人が賢く生きていくには知識が必要です。
お勧めします!

世の中のほとんどの金融商品、特に、広告を大々的にうっている金融商品ほど「うさんくさい」
この本の著者がいいたいことはこうだ

世の中のほとんどの金融商品、特に、広告を大々的にうっている金融商品ほど「うさんくさい」

まずは、いろいろな金融商品があるが、普通預金、定期預金、国債以外で、元本保証をうたっているものがあれば、まず、うさんくさい商品に間違いないという

また、本書では、実際の金融広告 たとえば、外貨預金・今なら年利6%などと書かれている広告を、架空のものとして自分なりにアレンジし、その広告のうさんくささを指摘するというケーススタディー方式をとっているため、いろいろなノウハウが頭の中に残りやすい

結論としては、まずは10年物の国債の利率を見て、それと比較してみるのがいいという

最近は行動ファイナンスのほうが金融工学よりも脚光をあびているのだとか 

要は金融工学はもうおそい、最近は心理学を応用したファイナンスが最先端らしい

天才数学者、株にハマる 数字オンチのための投資の考え方 という本を著者は紹介している


それから、世の中の金融専門家やアナリストの言うことは、カナリ金融機関よりの発言が多く、金融機関をもうけさせるための発言が中心だという

そんな専門家が多い中、以下の本の著者はまともなんだとか

楠本くに代
-金融消費者のためのファイナンシャル・リテラシー―株式・投信・預金・保険等で失敗しないための最低限の知識
-日本版金融サービス・市場法―英国に学ぶ消費者保護のあり方
-金融サービスと投資者保護法

鈴木雅光
-業界の最新常識> よくわかる証券業界 (業界の最新常識)
-いまから始めるFX はじめてでもわかる相場の読み方・儲け方 (エスカルゴムック 242)
-買ってはいけない「金融商品」のからくり
株式投資 最強のサバイバル理論 (Yosensha Paperbacks)

山崎元
-お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール (日経ビジネス人文庫)
-会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書 (や-3-1))
-「投資バカ」につける薬 (講談社BIZ)

橘玲
-亜玖夢博士の経済入門
-黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
-「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)

吉本佳生(著者本人)
10年も前に「金融工学の悪魔」という本を読んだが、非常につまらなかった
改めて当時の自分の知識のなさというか、金融リテラシーのなさを恥じる

最後に著者が主張するには、通常の商品ではセット販売になると買い手にとってオトクなことが多いが、金融商品では別なのだという

また、大々的に広告をうっている商品も同様なのだとか

気をつけて資産のアロケーションにこころがけてください

スポンサーサイト
ポケットモンスター | FX無料手法  | Page Top↑

ブログランキング

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

忍者

RSSリンクの表示

相互リンク

QRコード